本文へスキップ
私たちは漁場の保全・管理を通して河川や湖沼の環境を守っています

釣りのマナーとルール

釣り(遊漁)とは

 釣りとは、公共水面である海や川で、自然的状態である水産動植物を採捕する行為のひとつです。
一方で、水産動植物は無限にあるわけではなく(有限資源)、人がたくさん獲り過ぎたりすると いなくなってしまいます。
水産動植物は大切な資源ですから、 持続的に利用できるようにしなくてはならないのです。

 漁業に関する法令等

 魚釣りなど水産動植物の採捕は、自由に何でもできると思われがちですが、 法律や都道府県の漁業調整規則等によって水産動植物を採捕する際に、 使用できる漁具漁法・禁止区域・禁止期間・魚種ごとの大きさの制限・夜間の照明利用の禁止や制限など、 様々な規制が決められています。
 これらの規制は、魚など水産動植物の繁殖保護や、秩序ある漁場の利用のために定められているものです。


漁業権に基づく漁業

 漁業権とは一定の水面で特定の漁業を排他的に営む権利であり、 定置漁業権・区画漁業権・共同漁業件の3種類があります。

漁業権が設定されている水面であっても、 他の漁業や遊漁が直ちにできなるなることはありませんが、 次のような行為をすると漁業権侵害の罪に問われることがあります。

  • 漁業権の対象となっている漁業の操業を妨害したり、漁業の価値を損なうようなことをした場合
  • 採貝・採藻漁業等を行っている漁場内で、サザエ等の貝類、ワカメ等の海藻類、イセエビ等の定着性の水産動物を 組合員以外の者が採った場合
  • 水産資源保護法とは、水産資源の保護培養を図り、その効果を維持することにより 漁業の発展に寄与することを目的とする法律で、次のことが規定されています。
     爆発物・有毒物を使用した水産動植物の採捕の禁止
     内水面におけるサケの採捕(ただし特別な場合を除く)
     保護水面による水産動植物の保護培養
 ※ 保護水面とは、水産動物が産卵し、稚魚が成育し、または水産動植物の種苗が発生するのに適し
  ている水面であって、その保護培養のために必要な措置を講ずべき水面として都道府県知事または
  農林水産大臣が指定するものです。

長野県の遊漁規則

はじめに

 長野県には多くの河川と湖沼があり、渓流のいわな、清流のあゆ、湖沼のわかさぎなど、沢山の魚がすんでいます。 私たちはこの豊かな水産資源のおかげで、漁業を営んだり、釣りなどの遊漁を楽しむことができます。
 しかし、秩序もなく、好き勝手に魚を捕っていれば、魚はたちまちいなくなり、 漁場ではお互いに不快な思いをすることになるでしょう。
 本来、釣りは自然とふれあいの中で心身をリフレッシュする健全な余暇活動です。 これらも多くの人々に釣りの醍醐味を味わって欲しいものですが、遊漁者が増えることは、 一方でルールとマナーを守り秩序のある漁場の利用が求められています。
 釣り(遊漁)のルールは、漁業に係わる決まりとともに、漁業法や水産資源保護法に基づいた 「長野県漁業調整規則」や「遊漁規則」などによって定められています。

釣りのルール


 (1) 長野県漁業調整規則

 水産資源の保護や漁業と遊漁の調整のために、漁業法、水産資源保護法に基づき 「長野県漁業調整規則」が定められています。この規則には、魚を捕る際の制限や禁止に関する事項が規定されています。
 これらの制限や禁止事項は、県内の河川湖沼など「公共の用に供する水面」とそれに連接して一体をなす水面に適用されます。 漁協が管理していない河川湖沼であっても適用されますが、養魚場の池や水路、河川と連接していない農業用ため池などの 私有水面には適用されません。


 (2) 長野県内水面漁場管理委員会指示

 
長野県内水面漁場管理委員会指示 第8号
漁業法(昭和24年法律第267号)第67条第1項及び第130条第4項の規定により、水産動植物の繁殖保護を図るため、次のとおり指示しました。

平成20年3月21日
 長野県内水面漁場管理委員会会長  沖野外輝夫

平成20年6月1日以降(野尻湖、木崎湖にあっては平成20年12月1日以降)、オオクチバス、コクチバス又はブルーギルを採捕した者は、採捕した河川、湖沼又はその連続する水域にこれを再び放してはならない。ただし、試験研究による再放流で、かつ、長野県内水面漁場管理委員会(以下「委員会」という。)が認めた場合、又は漁業権者からの解除申請があり逸出防止策が講じられていると委員会が認めた場合は、この限りでない。

長野県内水面漁場管理委員会指示 第22号
漁業法に基づく水産動植物の繁殖保護を図るための指示(長野県内水面漁場管理委員会指示第8号)を次のとおり解除しました。

平成30年3月5日
 長野県内水面漁場管理委員会会長  平林 公男
1 対象水域
野尻湖
2 対象魚種
オオクチバス、コクチバス
3 解除の期間
平成30年4月1日から平成33年3月31日まで
4 解除の理由
野尻湖漁業協同組合から再放流禁止指示の解除申請があり、長野県内水面漁場管理委員会において逸出防止策が講じられていると認めたため。

長野県内水面漁場管理委員会指示 第23号

平成30年3月5日
 長野県内水面漁場管理委員会会長  平林 公男
1 指示内容
 コイヘルペスウイルス病のまん延を防止するため、県内の公共用水面及びこれと連接一体を成す水面(以下「公共用水面等」という。)において、こいを採捕した者は、内水面漁場管理委員会が承認した場合を除き、公共用水面等から生きたままこいを持ち出してはならない。
2 指示の期間
平成30年4月1日から平成31年3月31日まで

 (3) 遊漁規則

 漁業法に基づき第5種共同漁業権の免許を受けた漁業協同組合では、 水産資源の保護や漁業と遊漁の調整のために漁業法第129条により、それぞれの区域において、 知事の認可を受けて遊漁規則を定めています。
各組合の遊漁規則には、体長制限、漁具漁法の制限、採捕禁止期間、禁止区域など遊漁に際し、 守るべき事項が県漁業調整規則の制限の範囲内で規定されています。
 釣り人(遊漁者)のみなさんは、この遊漁規則を守って魚を捕らなければなりません。


遊漁承認証と遊漁料

 漁協が管理する漁場で、釣り(遊漁)をするときは、遊漁料を納付して遊漁承認証(遊漁券)を入手しなければなりません。 遊漁料